志賀高原ビール Miyama BlondeとBaby Blonde Miyamaを飲み比べてみた!

色々なビールを飲み比べてみるのは面白い…
というわけで、志賀高原ビールのミヤマブロンドとベイビーブロンドミヤマを飲み比べてみました。

DSC05791

右がベイビーブロンドミヤマで左がミヤマブロンドです。
色合いはどちらも淡いゴールド。
違いはほとんどないのではないかと思います。

DSC05792

DSC05793

まずは香りから。
比べてみるとみずみずしい香りはベイビーブロンドミヤマのほうが強い気がします。
ミヤマブロンドのほうがすっきりとした香りの印象です。

続いては味わい。
ベイビーブロンドミヤマは、口当たりはきりっとしています。
すっと味が消えるかと思いきや、じわじわ来るじっとりとした苦みがあとにしっかり続きます。
ミヤマブロンドも味わいはすっきり。
水を飲んでいるかのようなすっきりとした口当たりなのに、ほのかに甘みを感じます。
後味に感じるのは爽やかな苦み。

どちらもすっきりとしていて、後味にかけて苦みを感じるのは同じなのですが、後味の苦みがどちらが強いかというと、ベイビーブロンドミヤマのような気がします。
また、初めの飲み口はすっきりしているのは同じですが、ミヤマブロンドのほうがほのかに甘みを感じるのが面白い。
アルコール度数がミヤマブロンド:6.5%に対して、ベイビーブロンドミヤマは5.0%。
この1.5%の違いなのかな…

全体的にどちらが飲みやすいかと言われたらミヤマブロンドだと思います。
すっきりとした中に感じるほのかな甘み。
苦すぎない後味は、かなりおすすめ。
ベイビーブロンドミヤマは、ごくごく飲める爽快感はすごいけど、少し癖があるかなぁ…

どちらもおいしい。
でも、好みを言うとミヤマブロンド。
定番を好きだってことは飲みたいときに飲むことができるということなので、それはとてもありがたい。

いやはや。
幸せ。




富士桜高原麦酒 WEIZEN

今日のビール。

DSC05751

富士桜高原麦酒 ヴァイツェン。
グラスに注いだ時、きめの細かい泡がいいですね。
酸味と甘みを感じる香りですが、酸味のほうが少し強い気がします。
バナナのようなという香りではありますが、すごくバナナが強調された香りではないと思います。
口に含むと、酸味とまろやかな甘みを感じる味わい。
酸味を感じるので爽やかなんですけど、どこか優しさを感じる味わいでもあります。
この味わいのヴァイツェンが好きなんですよ。

DSC05752

ヴァイツェンといえば、バナナの香り…といいます。
正直、先日の横浜ビールのヴァイツェンを飲んでいなければ、このビールをバナナのような香りと伝えた気がします。
でも、味わいにバナナのような濃厚な甘さを感じます(それが爽やかなんだけど、どこか優しい味わいを感じると思ったところだと思います)。
僕の中で一番好きなヴァイツェンといってもいいのではないかと思います。
おいしい。

そして、このビールを久しぶりに自宅で飲んだ気がします。
それもまたそれでうれしい。

満足。